李鴻章が上奏して命令を請い
亜洲漁港の輪郭を描き出す

19世紀の中後葉、洋務運動は「自強、富を求める」改革の革新を起こしました。「師夷制夷、中体西用」を思想指導とした。洋務運動の四大指導者の一つ李鴻章は叫びました:「我々の『青い領土』を守る。」
その後、1879年に李鴻章が光緒皇帝に上書し、大連周辺の和尚島を中心とした二十余りの島を囲む湾を「大連湾」と呼ぶようになりました。
李鴻章さんは思いませんでした。彼の上書、アジア最大の漁港の輪郭を描き出した。

ロシアのメディアは驚いて叫びました:
これはアジア最大の大衆の自発的な漁港です。

二十世紀の三十年代、数年前に自発的に形成された大衆性漁港は、すでに世界海産物の集散地として発展しました。毎日、渤海湾の周辺には千隻の漁船が寄港して取引しています。多くの漁船や商人が集まっています。大勢の人が集まって旗竿が立ち並び、壮観な場面でした。当時のロシアメディアは「アジア最大の大衆性漁港」と驚いた。

東北アジアの有名な水産物加工センターと集散地

新中国が成立した後、大連は国際航運センターや全国三大海上運送センターの一つに位置しています。改革開放の変遷に伴い、十数カ所の埠頭、数千隻の漁船が停泊する母港に発展してきた。東北アジアの一番有名な水産物加工センターと集散地になります。海産物の取扱量は中国と世界で重要な地位を占めています。

亜洲漁港は数世代の夢を満載して出航します。

21世紀には、港は正式に「国際大港」となりました。大連で生まれ育った亜洲漁港人はずっと一つ夢を持っています。「亜洲漁港」という名前をこの熱土に永久に保存します。
初心は変わらず夢は最終的に実現します。2003年に、百年の歴史を経た「亜洲漁港」の民間称号が、ついに国家級の「身分証」を取得しました。国家商標総局の専門家グループは慎重な考証と審査を経て、ついに「亜洲漁港」というブランドを授与しました。

争奪を経て、「亜洲漁港」は最終的に「中国著名商標」に認定されました。

2008年に山東栄成の多くの水産企業が工商局に申請し:アジア最大の漁港は大連ではなく、アジア最大の漁港は栄成しています。商標所有権の撤廃を請求した。当時、"亜洲漁港"の帰属地争いが盛んになり、「栄誉を守るために、決して退歩しない」というスレッドを立て、数百万を超えてクリックした。その後、いくつかの浙江省水産企業もこの争奪戦に参加しました。
2014年1月18日、国家工商総局の商標審査委員は「亜洲漁港」を中国著名商標と認定した。商標の保護は侵害されない。

ASAシリーズAラウンド 厚生投資から。

厚生投資は中国企業や中国の消費を支援する海外企業に長期的に注目しています。主に成長型と統合型の投資を行い、優秀な企業と優秀な企業家とともに世界の産業トップを形成するよう努力しています。

四年の「灯台防衛戦」に勝ち、
灯台は夢を照らす。

2012年、亜洲漁港ブランド防衛戦の時、国外X企業は亜洲漁港ブランドのアイコン「灯台」要素の使用に疑問を呈しています。それから4年間。いろいろな証拠収集を経て、各部門の評価を行い、最終的に国家工商行政管理総局の検定を行い、亜洲漁港が登録を申請した「灯台」の商標は申請条件に適合し、使用を許可する。
四年間続いた「灯台」の防衛戦は再び勝利しました。亜洲漁港は民族ブランドを守りました。灯台ももう一度亜洲漁港を照らしました。

ASAシリーズBラウンド Meituan、New Hope Groupから。

2016年9月、MeituanとNew Hope GroupはBラウンド融資をリードした。 Meituanは生活サービスの電子商取引プラットフォームとして、「食」を核心とし、科学技術の革新を通じて、多くの商店といろいろなパートナーと一緒に、消費者に高品質の生活を提供するよう努力している。

最新情報、
亜洲漁港が再度水産品「中国十大ブランド」を獲得しました。

2017年1月18日、「2016中国海鮮十大ブランド」が正式に発表された。
亜洲漁港は2014年に続いて国家工商総局に中国著名商標と認定された、2016年に遼寧省政府から遼寧省著名ブランドを授与された後、2017年1月18日に、「亜洲漁港」は再度水産品「中国十大ブランド」の称号を獲得しました。

亜洲漁港は「アジア好食材連盟」80.1%の株式を売却している。

アジア好食材連盟は亜洲漁港傘下の全食材サービスプラットフォームです。2017年5月、亜洲漁港は米団と契約を結び、アジア好食材連盟の80.1%の株式を米団に譲渡する。

亜洲漁港は「亜食連」の19.9%の株式を売却しています。

2018年6月、亜洲漁港は残りの亜食連株式を米団に売却する。

亜洲漁港は新しいブランドLOGOを使用します。

2016年、遼寧省政府は「亜洲漁港」を遼寧省著名ブランドと授与した。
2017年1月18日、「亜洲漁港」は再度水産品「中国十大ブランド」を獲得しました。
2018年8月15日、亜洲漁港は新しいブランドLOGOを使用します。引き続き灯台をブランドのシンボルマークとして使用しています。
亜洲漁港の中国語標準化と英語標準化計画は、亜洲漁港が時代に合わせたグローバルな視野と構成を伝えている。
亜洲漁港がすばらしいものを創造し、万象を包容し、多元化した企業戦略目標を伝達しました。

亜洲漁港全資でレモン供給連鎖(上海)有限公司を完全買収しました。

亜洲漁港は2019年から専門的で効率的な都市配分サービスネットワークを配置しています。2019年6月にレモン供給連鎖(上海)有限会社を買収しました。 2019年8月に前進宝供給連鎖(杭州)有限公司を合併買収しました。上海、杭州をを基礎とする、華東をカバーする高品質、高効率な都市供給サービス体系の建設を完成しました。

亜洲漁港はZONECO子会社の買収を中止する。

ZONECOは子会社大連新中海産食品株式会社の全株式、新中日本株式会社の90%の株式を亜洲漁港株式会社に売却する計画です。
会計士と財務顧問はZONECOについて「最近3年間の実績の真実性と会計処理のコンプライアンス性。虚偽の取引、架空の利益があるかどうか」の具体的な状況について明確な意見を発表していません。双方が慎重に検討し、友好的な協議を経て、今回の取引を中止することに合意し、終了協議を締結しました。

亜洲漁港全資によるALLIED PACIFIC FOOD(大連)株式会社の買収

亜洲漁港によるALLIED PACIFIC FOOD(大連)株式会社の買収は、新型コロナウィルス期間中の優良な業界資源の統合の結果であり、同時に亜洲漁港が生鮮飲食食材サービスを深耕する重要なレイアウトの一つであり、核心競争力のある単品競争優位性を安定させ、企業の市場変化と業界変化に総合的に対応する能力を高める。