李鴻章が上奏して命令を請い
亜洲漁港の輪郭を描き出す

19世紀の中後葉、洋務運動は「自強、富を求める」改革の革新を起こしました。「師夷制夷、中体西用」を思想指導とした。洋務運動の四大指導者の一つ李鴻章は叫びました:「我々の『青い領土』を守る。」
その後、1879年に李鴻章が光緒皇帝に上書し、大連周辺の和尚島を中心とした二十余りの島を囲む湾を「大連湾」と呼ぶようになりました。
李鴻章さんは思いませんでした。彼の上書、アジア最大の漁港の輪郭を描き出した。

ロシアのメディアは驚いて叫びました:
これはアジア最大の大衆の自発的な漁港です。

二十世紀の三十年代、数年前に自発的に形成された大衆性漁港は、すでに世界海産物の集散地として発展しました。毎日、渤海湾の周辺には千隻の漁船が寄港して取引しています。多くの漁船や商人が集まっています。大勢の人が集まって旗竿が立ち並び、壮観な場面でした。当時のロシアメディアは「アジア最大の大衆性漁港」と驚いた。

東北アジアの有名な水産物加工センターと集散地

新中国が成立した後、大連は国際航運センターや全国三大海上運送センターの一つに位置しています。改革開放の変遷に伴い、十数カ所の埠頭、数千隻の漁船が停泊する母港に発展してきた。東北アジアの一番有名な水産物加工センターと集散地になります。海産物の取扱量は中国と世界で重要な地位を占めています。

亜洲漁港は数世代の夢を満載して出航します。

21世紀には、港は正式に「国際大港」となりました。大連で生まれ育った亜洲漁港人はずっと一つ夢を持っています。「亜洲漁港」という名前をこの熱土に永久に保存します。
初心は変わらず夢は最終的に実現します。2003年に、百年の歴史を経た「亜洲漁港」の民間称号が、ついに国家級の「身分証」を取得しました。国家商標総局の専門家グループは慎重な考証と審査を経て、ついに「亜洲漁港」というブランドを授与しました。

争奪を経て、「亜洲漁港」は最終的に「中国著名商標」に認定されました。

2008年に山東栄成の多くの水産企業が工商局に申請し:アジア最大の漁港は大連ではなく、アジア最大の漁港は栄成しています。商標所有権の撤廃を請求した。当時、"亜洲漁港"の帰属地争いが盛んになり、「栄誉を守るために、決して退歩しない」というスレッドを立て、数百万を超えてクリックした。その後、いくつかの浙江省水産企業もこの争奪戦に参加しました。
2014年1月18日、国家工商総局の商標審査委員は「亜洲漁港」を中国著名商標と認定した。商標の保護は侵害されない。

四年の「灯台防衛戦」に勝ち、
灯台は夢を照らす。

2012年、亜洲漁港ブランド防衛戦の時、国外X企業は亜洲漁港ブランドのアイコン「灯台」要素の使用に疑問を呈しています。それから4年間。いろいろな証拠収集を経て、各部門の評価を行い、最終的に国家工商行政管理総局の検定を行い、亜洲漁港が登録を申請した「灯台」の商標は申請条件に適合し、使用を許可する。

最新情報、
亜洲漁港が再度水産品「中国十大ブランド」を獲得しました。

2017年1月18日、「2016中国海鮮十大ブランド」が正式に発表された。
HISTORY_STR_YY2014

亜洲漁港は新しいブランドLOGOを使用します。

2016年、遼寧省政府は「亜洲漁港」を遼寧省著名ブランドと授与した。
2017年1月18日、「亜洲漁港」は再度水産品「中国十大ブランド」を獲得しました。
2018年8月15日、亜洲漁港は新しいブランドLOGOを使用します。引き続き灯台をブランドのシンボルマークとして使用しています。
亜洲漁港の中国語標準化と英語標準化計画は、亜洲漁港が時代に合わせたグローバルな視野と構成を伝えている。
亜洲漁港がすばらしいものを創造し、万象を包容し、多元化した企業戦略目標を伝達しました。